春の訪れを感じるウグイスと桜の花

寒い季節は苦手ですが、2月〜3月は春の気配を感じられる日が多くて、春近いカンジでワクワクするので、寒くても好きな時期ですね。
春の訪れを感じるのは、ウグイスの鳴き声です。
我が家は裏庭に山があるので、毎年ウグイスの鳴き声を聞くことができます。
最初から「ホー・ホケ・キョ」とリズミカルに鳴けるウグイスはいません。
鳴き始めは「ホケ」「ホケ」「ホケ」みたいな、イマイチなカンジですが、数日たつととても上手にきれいに鳴けるようになります。
そんな小さな変化を感じ取れる場所に住むことができるのは、ちょっとうれしいことですね。

 

春の訪れを感じるもう1つは、桜の開花です。
これはもう、圧倒的な春の到来を感じさせます。
世の中にお花はたくさん咲いていますが、あの桜の花ほど目を見張るほど美しい花は無いのではないかと思います。

 

今年のお花見は、母を連れて行きたいと思っています。
母は、昨年、白内障の手術をしました。
結構難しい白内障だと言われましたが、無事に手術は成功し、びっくりするほど良く見えるようになりました。
何年間も見ることができなかった桜です。
ぜひ今年は満開の桜を見せてあげたいと思っています。
今年の開花宣言はいつ頃でしょうか。
とても楽しみです。